ウィルマーク香椎浜TOP > よくあるご質問 > 介護サービスについてのご質問

介護サービスについてのご質問

将来、体が弱くなった場合、健常棟ではどの程度の介護サービスが受けられますか?
経年により、健常棟ご入居者のお身体の状態が変化し、日常生活において一部介助が必要になられた場合には、ご入居者が出来るだけ長く自立した生活が続けられるよう、必要に応じて様々なお手伝いをさせていただきます。
ご提供するサービスは認定を受けられた要介護度や各ご入居者により異なりますが、普段のご生活ぶりをよく知る専門スタッフ(計画作成担当者)が中心となり、ご入居者やご家族の方々と相談させていただきながら、お一人おひとりに合ったサービス計画(ケアプラン)を作成し、介護サービスを提供させていただきます。
ケアプランには、住戸の清掃、ゴミ回収、洗濯などの家事援助サービスのほか、お買物、役所や金融機関への手続きの代行などの生活サービスや、日中における軽度の身体介助サービス、生活リハビリなどのヘルスケアサービスなど、自立したご生活の継続をサポートするメニューを盛り込みます。
寝たきりになった場合など、どこでどのような介護をしてもらえますか?
介護棟住戸で終身にわたりお世話させていただきます。
24時間体制の看護スタッフと介護スタッフがご入居のお身体の状態に応じて、身だしなみ・衣類着脱の介助、歩行の介助、食事の配下膳、食事介助、排泄介助、入浴介助などをさせていただきます。
認知症になった場合も介護してもらえますか?
もしも認知症になられても、介護棟の専用フロアにて専門的な介護をいたします。看護スタッフおよび介護スタッフにより確実な介護・看護をさせていただきます。
なお、重度の精神疾患などで専門の治療が必要と判断された場合などには、身元引受人やご家族とご相談させていただいた上で、ご入院いただくことがあります。
二人入居で、一人が要介護状態になった場合はどうなりますか?
常時介護が必要になられた場合には、お一人だけでも介護棟住戸に転居していただけます。
そのため、健常棟住戸と介護棟住戸それぞれをご利用いただけます。
もし、介護棟に転居した場合、費用の変更はありますか?
[入居一時金方式]
●入居一時金について
追加の費用はありません。

[年払い方式]
● 年払い賃料について
年払い賃料の清算後新たに契約を締結する必要があります。
● 管理費について
  • お一人入居での転居の場合:
    変更は行いません。
  • お二人入居でお一人だけが転居する場合:
    健常棟でのお二人入居管理費分が、健常棟お一人入居管理費と介護棟お一人入居管理費に変更になり、月額37,800円増額になります。
  • お二人入居でお二人とも転居する場合:
    健常棟お二人入居管理費が、お一人入居管理費の2名様分に変更になります。


●食費について
 変更ありません。1日あたりの食費の設定は、健常棟と同額になります。

●介護費用について
 変更ありません。
(要介護1・2の方:月額32,400円、要介護3~5の方:月額54,000円)

※1 住戸内の水光熱費は管理費に含まれております
※2 1日3食、30日お召し上がりの場合の料金
※3 要介護3以上の場合の料金
※上記料金には、公的介護保険の自己負担分、協力医療機関やホーム内での医療費、および消耗品(おむつ代など)・交通費(付添者含む)・クリーニング代(外部業者依頼のもの)などは、別途ご入居者のご負担となります。
介護棟での人権とプライバシーの保護についてはどのようにお考えですか?
介護棟ではご入居者の皆様の人権とプライバシーを尊重いたします。
お一人おひとりのプライドを大切にし、誠意をもって接してまいります。
また、各住戸でもおくつろぎいただけるよう、全戸個室かつ2面採光のゆとりある快適な住環境(面積24㎡、ミニキッチン・トイレ・シャワー付)をご用意しております。
「入居者移行判定委員会」とはどのようなものですか?
ご入居者の要介護状態に基づき、必要とされる介護サービスの要否、および介護棟住戸へのお住み替えを、定期的または必要時に判定するのが「入居者移行判定委員会」です。
その構成員は、支配人・嘱託医・サービス長・介護長・担当介護スタッフなどが中心になります。